私にぴったり合うミシンはどれ?ミシン選びの決め手となるポイントとは

ミシンは性能や機能の違うものが幅広く販売されており、よく分からない人にとっては選ぶことが大変でしょう。

ミシンメーカーも多数あるため、自分に合うミシンがどれなのか迷ってしまうのも当然の話です。

そこで今回は、自分に合うミシンを探す際に決め手となる、選び方のポイントをご紹介していきます。

コンピューターミシンと電子ミシンのどちらにするかが重要なポイント

現在主流になっているミシンは、コンピューターミシンと電子ミシンです。

ミシンを動かす仕組み自体が違うため、機能性や性能に差があります。

それぞれの特徴と、目的に合わせたおすすめのミシンをご紹介します。

コンピューターミシンがおすすめのケース

コンピュータ制御でミシンを動かすコンピューターミシンの場合、縫い目の自動調整やパネルによる操作が可能になります。

また、ミス操作を教えてくれるような機能付きのミシンも選べます。

より親切な設計のミシンとして、初心者の方でも使いやすい傾向があります。

ミシン操作に自信が無い方で、迷わず使えることを重視したい場合は、コンピューターミシンがおすすめです。

そして縫い物をする上で大きな特徴と言える点は、複雑な刺繍縫いが可能であることです。

お子さんのグッズなどに名前や可愛い刺繍を入れたい場合は、コンピューターミシンを選びましょう。

コンピュータ搭載のミシンは多機能ですが、機種によって機能面での差があります。

気になるコンピューターミシンは、操作性や機能をよく比較して選んでいきましょう。

電子ミシンがおすすめのケース

電子回路で針を動かすのが電子ミシンで、縫い目などは自分で選んで調整します。

電子ミシンも簡単な模様縫いの機能がありますが、複雑な刺繍縫いはできません。

コンピューターミシンと比較すると、総じてシンプルな操作性が特徴と言えるでしょう。

パネル操作などがないシンプルなミシンですが、便利な機能を搭載した機種も多く、刺繍縫いが必要で無い方なら電子ミシンで充分というケースも多いようです。

ミシンの操作にある程度の知識がある方、シンプルなミシンの方が使いやすいという方は電子ミシンがおすすめです。

電子ミシンの方が低価格で選びやすいため、値段面を優先したい方の場合は購入しやすいでしょう。

普段から細かい作業が苦手な方の選び方ポイント

ミシンを使って縫い物をする時は、上糸と下糸の準備が必要です。

布の色に合わせて糸の色を変えることが多く、その度に上糸と下糸を準備仕直すことになるでしょう。

細かい作業が苦手な人にとっては、これだけの作業も面倒なものです。

しかしミシンによっては、これらの準備がしやすい機能付きの機種を選べます。

またミシン操作で面倒に感じやすい作業と言えば、針に糸を通す作業や縫い終わった後の糸を切る作業があります。

これらの作業も、自動でできる機能付きのミシンが選べます。

このような面倒な作業も、スムーズに行える機能付きのミシンであればストレスなく使えます。

細かい作業が苦手な人は、それぞれのミシンについて、作業が楽になる機能が付いているかどうかにポイントをおいて、選んでいくことも大切でしょう。

電子ミシンとコンピューターミシンの違いに関わらず、これらの便利な機能が選べますから、気になる製品ごとにしっかりチェックしていきましょう。

必要な時だけミシンを使いたい人の選び方ポイント

ミシンを使う目的は、人によって大きく異なります。

一般的に多いミシンの使い方は、「お子さんの入園や入学準備で使いたい」「ハンドメイドの縫製のためにフル活用したい」などでしょう。

しかし、「必要な時だけミシンを使いたい」という方も、意外と多くいらっしゃいます。

例えばズボンの裾上げ、簡単なお直し、簡単なファブリック類の縫製などです。

これらの作業だけに使用するミシンであれば、より多機能で性能が良いコンピューターミシンでなくても、用が足りる可能性があります。

電子ミシンの方が低価格で購入しやすい傾向がありますから、用が足りるかどうかという観点で選ぶと余計な出費が抑えられます。

またミシンの種類は大きさでの分類もあり、コンパクトサイズのものもあります。

電子ミシンもコンピューターミシンもコンパクトサイズのものがあり、より購入しやすい価格になっています。

サイズが小さい場合の特徴は、縫うための作業スペースが狭くなることと、フルサイズと比較して縫うパワフルさが劣ります。

しかし収納のしやすさや軽量の持ち運びやすさで、選ばれる方も少なくありません。

簡単な縫製のみに使いたい場合は、コンパクトミシンも視野に入れて考えてみてください。

後悔しないためのミシン選びのポイント

自分に合うミシンを選ぶにあたって、購入後の後悔だけは絶対に避けたい事態です。

よくあるミシン選びの失敗を参考にすると、そんな事態を避けられます。

後悔しないミシン選びのポイントは、使いたい機能があるミシンかどうかを見極めて選ぶことです。

刺繍縫いをしたい方は、必然的にコンピューターミシンで選ぶことになります。

ボタンホールが必要な作品作りをお考えなら、その機能付きのミシンを選んでおかないと後で後悔します。

布端の処理ができる機能もミシンによって幅があるため、使用目的によっては確実にチェックして選びたいポイントになります。

その他には、自動糸通しや準備が楽にできる機能などもしっかり確認して、個々の必要に応じて後悔なく選んでいきましょう。

まとめ

自分に合うミシンを探す際に役立つ情報として、決め手となる選び方のポイントをいくつかご紹介しました。

ミシン選びでは、どんな目的で使っていきたいのか、どの程度の頻度でミシンを使うのか、どんな機能が欲しいのかなどをポイントにすると判断しやすくなります。

先々の使い方がまだ未定の場合は、少し機能性の高いものを選んでおくと後悔しなくて済むでしょう。