ミシンと言っても値段は様々!一体いくらくらいのものを買えばいいの?

ちょっと縫い物を始めたい、子供の幼稚園入園で縫い物が増えた、趣味でコスプレなどするようになったのでミシンが必要に、など購入目的は様々です。

そしてもちろん、予算も様々です。

ミシンの機種によっても値段に差がありますが、どの程度の値段のものを購入すればいいのでしょうか。

ミシンはメーカーで選ぶのか値段で選ぶのか

本格的にミシンを使っての裁縫や手芸などする人の場合、使用頻度っも高いですからそれなりに耐久性にも優れた製品が必要です。

子供のあれこれを縫う等の場合、結構期間限定での使用になるので、その期間使えればいいやということになります。

そうした状況によっても、どの程度の製品を購入すればいいのか、選択の基準になりますね。

ただこれは基本的に、メーカーいわゆるミシン専門メーカーで、実績も歴史もあるブランドのものを選ぶか、お値段そこそこのものを選ぶかに分かれます。

使用者の使用状況によっても違ってきますので、どちらがいいと一概には言えません。

長く使用するつもりなら、やはりおすすめはメーカー品です。

ジャノメ、ブラザー、ジューキなどの国産有名メーカーや、アメリカのメーカーであるシンガーがそれです。

どのメーカーも歴史もありプライドもありますので、アフターケアも充分にしてくれます。

購入して最も安全なタイプのミシンです。

ただ問題は、お値段もそれなりにするということですね。

一時的に使うミシンなら、値段で選ぶのもありということです。

今では家電品なので

昔はミシンは人力でした。

家電ではなく人力で動く機械だったのです。

でも今では、電気で動く家電になっています。

もちろん昔ながらの足踏みミシンも、今でも販売されてはいますね。

しかしこの電気で動く機械というもの、こうした機械に共通なのはお値段イコール性能という一点です。

もちろんミシンにもこれは共通事項で、今出ているコンピューターミシンだと数十万するものもあります。

もちろんお値段だけの性能は備えていますので、購入して損したということはありません。

ただ面白いことに、機械というのは一律に作られているにも関わらず、当たり不当たりがあるんですね。

同じ機種を同じ時に購入して、やたら故障する人もいますし、何十年も使用している人もいます。

加えて何故か相性というものもあります。

機械との相性など都市伝説、と言う人もいますがこれって実際にあるのです。

値段が高いイコール性能も充実しているミシンでも、そうした問題は機械である以上つきまとう、と考えてくださいね。

普通に家庭で使用するミシンならどの程度が相場

ロックミシンとかではなく、普通に家庭で使用するミシンの場合、どの程度のお値段なのでしょう。

そしてどの程度の品なら、安心して使用ができるのでしょうか。

1万円くらいのミシンもある

通販サイトなど見ていると、激安ミシンで1万円程度というものもあります。

それこそ基本的な機能だけのミシンですが、期間限定で使うなら充分ですね。

例えば、幼稚園に子供が通う間は、縫い物をする必要があるとか、イベントの時だけ使うという場合です。

大体機械というものは、保証期間中に壊れるということはまずありません。

あっても修理してもらえます。

1年とか2年だけの期間限定での使用なら、この値段帯のものでも使用に耐えてくれますね。

ある程度使い続けようと思ったら

それなりの期間、ちょっと先は不明だけどそれでも使い続ける必要がある、使い続けたいと思った場合3万円以上のミシンをおすすめします。

この値段帯になると、そこそこ性能も良くなってきますし、機能も多くついてきます。

またそれなりにしっかりと作られていますので、故障もあまりなくて済みます。

長く続くかはわからないけど、でも趣味なので続けたい気持ちは十分にある、等の場合はこの値段帯のミシンで開始したいですね。

本格的に洋裁をしたいし続けたい場合

こうなってくると、機能なども充実したミシンを購入したくなります。

なので最低でも5万円以上のミシンを候補に入れて下さい。

この値段帯になるとコンピューターの性能も上がってきますし、使い勝手も格段に良くなります。

数十万もするミシンは家庭では

専門店で時に、10万を超えるミシンを勧められることもあります。

そうした高機能で高性能のミシンを探しているのでない限り、あまりこれらはおすすめできません。

もちろんそういった品は、最高に使い勝手も性能もいいのです。

ただそれを使用するだけの状況なのか、これをよく考えて下さい。

いくら高性能で高機能だとしても、使わなくては意味がありません。

あくまでも自分の使用目的に沿ったミシンを選んでいくのが第一です。

高すぎるミシンは、普通の家庭ではあまり使用されることもその機会もないということを、思い出してくださいね。

まとめ

ミシンの相場は、自分で決めることが大事です。

何の目的で、どの程度使用するのかそれにふさわしい値段のミシンが、自分のミシンです。

また市場に出ているミシンは、その店の値段で出ています。

相場ってそういったことでも左右される程度のものだと、そう思って自分なりのミシンを見つけて下さい。